· 

板橋シティマラソン備忘録(3)

 

3月18日に出場した

板橋シティマラソンの備忘録(3)です。

※備忘録(1)はこちらから

※備忘録(2)はこちらから

 

 

なんだかんだで

もう板橋シティマラソンが終わって2週間が経とうとしてますけど

僕、30日金曜日まで、ずーっと微熱が続いてました・・・。

 

 

一旦熱は下がったりするんですけど

また37.5度まで上がったり。

 

 

熱自体は大したことないんですけど

咳・痰・鼻水がひどくて。

 

 

しかも、鼻水をちゃんと出さないと

なんだか頭が痛くなってくるし。

 

 

そんなこんなで

ようやっと31日には軽く走れるくらいまで回復しました。

 

 

てかね、もうちょい熱がバーンって上がってくれれば

もう少し早く治ったんじゃないかなーって思うんですけど

マラソンの疲労で免疫力が落ちてるのか

板橋ロス的な、気が抜けてしまったからなのか

ぜーんぜん熱が上がんなくて。

 

 

一番上がっても、38度くらいで。

 

 

今回は仕方なく、病院に行って抗生物質いただいてきました。

 

 

久々に行ったな、病院。

 

 

 

てなわけで、体調も戻ってきたので

板橋シティマラソン備忘録の最終回を。

 

 

あと2kmの標識が見えそうになった時

予想外の「あること」が起きてしまいました。

 

 

フル、ハーフを通じて、初めての「あること」。

 

 

「ああ、終わった・・・ダメだ・・・」

 

 

そんなダメ押しな「あること」が

起きてしまったんです。

 

 

その「あること」とは・・・

 

 

左足底の外側にでーっかい血豆ができて

それが潰れて、血しぶきとなって舞い散ったこと・・・(笑)

 

 

ていうか、正確にいうと

血豆が潰れたのはわかりましたけど

血しぶきになってたってのは、ゴールしてから気づきました。

 

 

なぜなら、僕の左のふくらはぎ外側に

血痕が残ってたから・・・。

 

 

きゃあああああああ・・・

 

 

アホだ。

 

 

そんなになるまで、走りが雑だったとは・・・。

 

 

あと2kmだけど

ああ、もうペース上げらんないよ。

 

 

しかも、ゴール手前の1kmくらいが

一番路面が荒いっていう・・・(苦笑)

 

 

あれー?

行きは全然の悪さなんて感じなかったのに

もう、足の裏の感度が

上がりまくってるわけですね。

 

 

ちょっとの小石でも、ビンビン痛い(笑)

 

 

そんなこんなで・・・

 

 

ようやっと、どうにかこうにかゴールできました。

 

 

今回はもう

ほーんとに、練習のスケジューリングに関して

大きな課題が見つかったのが収穫ですね。

 

 

ただ、1月末から今までで体重が5kgくらい落ちたのは

やっぱり大きかった。

 

 

5kg落ちると、やっぱ体の動きが全然違うし。

 

 

僕のメルマガでもお伝えしてる

間歇的ファスティング。

 

 

これ、今までどんなダイエット法でも

リバウンドを繰り返してきた僕でも

ほーとんどストレスなく

スーって絞れていきました。

 

 

もちろん、僕は一般的に言う「メタボ」体質でも

なんでもないんですけど

ここ最近は、そこそこ走ってても

なーんか体重増え気味で。

 

 

だから、もうちょい絞りたいなーって思ってたんです。

 

 

僕と同じお悩み持ってらっしゃるランナーって

結構いるんじゃないかなーって思うんですよね。

 

 

まじで、2、3kg絞れると

体のキレ、違いますよ。

 

 

もちろん、今が適正体重の人には

関係ない話ですけど

もしあなたが僕と同じように

「もうちょい体重落としたいんだよなー」

って思ってるんであれば

間歇的ファスティングはオススメですよ。

 

 

 

ああー、板橋、しんどかったわー。

 

 

次のレースは

飯能ベアフットマラソンだな。

 

 

最後に、一緒に板橋走ったみなさんと

応援に来ていただいたみなさん

お疲れ様でしたー!

 

 

また来年の板橋に向けて

一緒に精進しましょうねー!

 

 

 


無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、この「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのために「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき、このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするためのパスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

下の登録フォームからご登録ください。