· 

板橋シティマラソン備忘録(1)

 

 

いやー、しんどかった・・・苦笑

 

 

ほんと、しんどかった・・・。

 

 

昨日の板橋シティマラソン。

 

久々にフルマラソン走りましたけど

今回は、1ヶ月前にやった30kmペースランが

かなりいい感じでこなせたので

自己ベストの2時間45分39秒(裸足)を

更新できるかも〜と思って挑みましたけど

結果的には、最低限の走りができたかなーってところです。

 

ちなみに、ラップはこんな感じでした。

 

 

今回から数回にかけて

レースの備忘録をまとめていきます。

 

 

たぶん、あなたにとっても何かしらの

糧になるかと思いますので

どうぞお付き合いくださいね。

 

 

まず、スタートから。

 

 

Bグループ最後方からのスタートでしたけど

スタート地点まで17秒で

そこからウォッチもスタートし

最初の1kmのラップが4分10秒切ってたので

あまりもたつくこともなく、スムースな滑り出し。

 

 

なかなか路面が荒いなーって思ってましたけど

3、4km走ると、だいぶ滑らかな路面に。

 

 

今回は、時計をして走りましたけど

ラップボタン押すのは2km毎にしました。

 

 

タイムを気にしすぎる癖があるので

そのための対策です。

 

 

で、ハーフの折り返しまでは

誰かの後ろを走るようなことはせず

一人で走ることを心がけました。

 

 

その方が、集中できるんですよね。

 

 

これに関しては

いろんなタイプの方がいらっしゃると思いますけど

これが僕の集中力を引き出すために

必要な戦術だっていう認識だったんです。

 

 

1ヶ月前にやった30kmペースランの時も

「集団を引っ張らなきゃいけない!」っていう

使命感が、ものすごくいい集中力を引き出してくれたんで

今回もその戦術に従ってレースを進めようと考え

ハーフ通過までは、実際にその戦術通りに

レースを進めました。

 

 

ですけど・・・

 

 

22kmくらいに

キロ4分ちょこっとの大集団に追いついたんです。

 

ああ、結構心地いいペースだなーって感じて

「しばらくこのグループでゆっくりしよう」って

戦術を変更したんです。

 

 

そうしたら・・・

 

 

なんか、一気に疲れが出てきちゃった・・・。

 

 

その集団に追いつくまでは

まだ全然楽だったのに

なーんか、気が抜けたのか

ズーンって体が重くなってきちゃったんですよね。

 

 

ああ、いかん、これ、ダメになるパターン・・・。

 

 

完全にそのパターンでした。

 

 

何なんでしょうね?

 

ペース的にはそれまでのペースよりも遅いわけだから

余裕が出て当たり前なはずなのに

余裕が出るどころか、むしろ逆。

しんどくなってきちゃった。

 

 

ここが人間の面白いとこだなーと。

 

 

もちろん、そうなっちゃうってことは

多分、すでに体力的に

余裕がなくなってたんだと思うんですけど

気が張ってると

その余裕度でも走れちゃったりするもんです。

 

 

気が抜ける。

 

 

すごく抽象的な表現ですけど

そういうことなんだと思うんですよね。

 

 

でね、気が抜けると

息のリズムも整わなくなってくる。

 

 

そうなるともう、負の連鎖です。

 

 

弱気になった。

守りに入った。

 

 

そういうことですね。

 

 

大集団に入った時

「ここでひと休みして

35kmくらいまで連れてってもらって

そこからペースアップしよう。」

 

 

その戦術は、僕にとって

バケツに入ってたエネルギーが

少しずつ漏れ出してしまうような

そんな戦術だったんだと

今思えば、そう思います。

 

 

だけど、その瞬間はその戦術が

最善の方法だと判断した。

 

 

結局、まだまだ自分自身の扱い方が

わかってなかったってことですね。

 

 

ホント、いい経験になりました。

この件は、次に繋がるな、と。

 

 

ただまぁ、そうは言っても

30kmくらいまでは、その集団に入って

レースを進めてたんです。

 

 

ところが・・・

30km手前で、あるアクシデントに見舞われます・・・

 

 

この件に関しては、また次回お話ししますね。

 

 

【追伸】

 

ちなみに・・・

 

 

もしあなたが

膝の痛みに悩んでらっしゃったり

レース後にめちゃくちゃ太ももの前に

筋肉痛が出たりしてるんであれば

絶対にこれを読んでください!

 

メールマガジンにご登録いただけたら 

無料でダウンロードできます!

 

 


無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、この「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのために「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき、このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするためのパスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

下の登録フォームからご登録ください。


コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    齋藤弘幸 (火曜日, 20 3月 2018 05:55)

    板橋マラソンお疲れ様でした。私も3年ぶりに出場しました。ですがここ1年位、故障続きで練習不足の為、26kmから歩いてゴールしました。左膝の痛みが酷くなり、大変でした。一度練習会に参加させていただきたいと思っています。

  • #2

    たかおか (火曜日, 20 3月 2018 07:54)

    斎藤さま

    板橋出場されたんですね!お疲れ様でした。ぜひぜひいらっしゃってください。お待ちしてます!

  • #3

    sinoda (火曜日, 20 3月 2018 11:34)

    板橋シティマラソン、お疲れ様でした。自分も参加していましたが、高岡さんの実際の裸足ランが観られなくて残念でした。。
    自分なりに、カンペルプレーンラインを意識した走りをしていた、、つもりだったのですが、後半、35キロ以降、異常な首と肩の凝りに見舞われ、、結局ラインを一定にしていたつもりが、実はただ顔を上げて走っていた状態だったのでは?と、自分なりに推測しています。日々、コツコツとドリルを続けて、身体にその感覚を覚えさせていくことが大切ですね。