· 

◯アキレス腱炎が治らない、ホントの理由とは?

ひと昔前の箱根駅伝を賑わせた「山の神」こと 
柏原竜二選手が、3月いっぱいでひっそりと、現役を引退しましたね。

 

そんな柏原選手が度々悩まされていたのが 
「アキレス腱炎」だそうで。

 

もしかしたら、このブログを読んでいただいてるあなたも 
アキレス腱の痛みに悩んだことがある、もしくは 
現在進行形でお悩み中ってこともあるかもしれないですけど

柏原選手だけでなく、アキレス腱の痛みが原因で 
現役を引退するトップランナーは結構多いんです。

 

 

柏原選手の現役引退の報を耳にして 
「もう引退するの?」 
「早いんじゃないの?」 
もしかしたらあなたもそう思うかもしれません。

 

ぶっちゃけ、私はそう思いましたし。

 

でもね、はっきり言って・・・ 
全然やることやってないんじゃないかな?

 

 

やるだけのことは全部やって、もうこれ以上やることはないから 
引退します・・・みたいなのが、なーんか、違うんじゃないかなーって。

「ああ、結局この選手も、自立できてない選手だったんだのかな」と。

 

自立ってね、言葉に出すほど簡単なことじゃありません。 
裸足でアスファルトを走るのと同じように。

 

モノに依存せず、まずは自分の体ひとつでできることをやる。 

 

そして、被害者意識を持たず 
自分のパフォーマンスは自分で責任を持つこと。 


もちろん監督やコーチのせいにもしないし 
シューズやウェア、飲食物のせいにもしない。

 

そして、結果を待たない。 
結果を運任せにしない。 
結果を、自ら手繰り寄せるために 
自分の弱点と向き合い、自分に何ができてないのかを理解し 
自分で結果を手繰り寄せる。

 

故障しちゃう人は結局 
故障しようとしてるんです。

耳が痛いかもしれませんけど 
これが事実です。 


故障を治したいって思ってるつもりでも 
現実問題、治ってないってことは 
治そうとしてないってこと。

 

裸足で走る私からしてみたら 
「何でそんなことで競技辞めちゃうの?もうちょっと、やることあるんじゃない?」

なんて思います。

 

突き抜けてしまえば、全然大したことじゃないのに 
ちょっとした壁が行方を阻んでしまうなんてことは 
しょっちゅうあります。

 

大事なのは、自立すること。

自分の体ひとつでできないことを 
シューズに頼ることで可能にしている。 
これこそが元凶だということに気づくこと。

 

何もシューズが悪いって言ってるわけではないんですよ。 
そうじゃなくて 
シューズにおんぶ抱っこの姿勢に問題があるっていいたいんです。

 

いいですか? 
あなたの体にはそもそも、ハイスペックなクッションがなくても 
衝撃を吸収できるシステムが備わっています。 

 

これは、私だけに与えられた特権じゃなくて 
あなたにも平等に備わってます。

 

あとは、それをあなたがどう使うかの問題です。

 

これからも私は

私が体験したことを、あなたに全力でお伝えします。 

そしてそれをあなたなりに咀嚼して

あなたのパフォーマンスアップに役立てください。

 

それでは

アキレス腱の痛みだけでなく 
ランニングによる痛みでお悩みであれば 
まずはこのエクササイズを試してみましょう。



「段差を使ったジャンプドリル」


まずは無料でこの教本を手に入れてください!

 

あなたが「筋肉の無駄遣いを解消する」戦略を選択したら、まずはこの「大腿四頭筋の激しい筋肉痛にならない走り方教本(定価1495円)」を無料で手に入れてください。

 

そのためにまず「ゼロベースランニング・メルマガ」にご登録いただき、このページの「メルマガ読者特別サイト」にアクセスするためのパスワードをゲットしましょう。

 

「メルマガ読者特別サイト」で教本のPDFをダウンロードできます。

 

まずは下の登録フォームからご登録ください。


コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    さすがにこれは (日曜日, 04 8月 2019 15:09)

    酷い記事だなw

  • #2

    いくらなんでも酷いのでは (日曜日, 04 8月 2019 15:54)

    柏原さんを踏み台にした挙句自分の宣伝とは……
    どんな神経されてるんでしょうか?

    柏原さんに限らずみなさん努力されてます。それも必死に。

    また彼らはかなり速いペースでかつ長い距離を走ります。
    立場上自分の限界を超えて走らなければいけない時もありますよ?
    ケアをしていても追いつかない事は多少つきものだと思うのですが。

    そして、推測であなたが決めつけられるだけの証拠があるのでしょうか?
    私は文章中から感じられる要素はありませんでした。

    そもそも内容が正しい・間違いなど以前に、1度自分のされている事を見直してみてはいかがでしょうか。

  • #3

    高岡 (日曜日, 04 8月 2019 16:10)

    コメントありがとうございます。

    文章力がなく、誤解を与える表現になり、誠に申し訳ありません。

    もちろん、自分自身も陸上競技経験者ですし、トレーナーとして箱根駅伝出場チームにいたので、柏原選手がどれだけ必死にトレーニングを積んできたのかはわかっているつもりです。

    僕がお伝えしたかったのは、柏原選手のような有望な選手が、怪我で早期に競技をリタイアしてしまうこの現状に関して、もう少し、できることがないのかな?ということです。

    もっと柏原選手の走りを見たかった、一人のファンとして、そう思いました。

    文章力の拙さに関しては、できる限り訓練して、向上させていきたいと考えています。

    わざわざ貴重な時間をかけてまで、コメントを頂きましてありがとうございました。

  • #4

    ほんと酷い (日曜日, 04 8月 2019 22:23)

    特に、
    「全然やることやってないんじゃないかな?」
    この一言がとても不快です。

  • #5

    競技者 (日曜日, 04 8月 2019 22:27)

    一般ピーポーのジョガー程度の力量でアキレス腱痛を語るなんて(笑)。
    せめて10000で30分切って人並みの走力つけてから出直しなさい(笑)